中国語教材では中国語は話せないです!中国語の正しい勉強方法とは

日常会話レベルの実践的な中国語を最短で学ぶ勉強法について

中国語,勉強法

中国語の勉強法。特に実践的な会話力を付けたいなら発声から学ぶことをおすすめします。

 

日本語は母音5音と子音10音からなり51の音で構成されていますが、中国語では、母音36音、子音21音からなり、全部で400あまり。
さらに発音には四音と呼ばれるものがあり、一つの単語にたいして4つのアクセントがあって、それぞれ意味が異なるからです。

 

中国語学習には教室がおすすめ

中国語の勉強法としてはCD教材を使ったリスニングや、
会話教室などに通い実際に聞いたり話したりすることで、日常会話レベルをマスターすることができます。

 

特に最短でマスターする方法としては、中国語会話教室がおすすめです。
テキストと実際のネイティブな発音を出来る講師と会話を行うことができるので、すばやく実践的な聴く力と発音を理解することができます

 

目的とする会話力に応じてステップアップが必要

一方で、これらの方法では日常会話や旅行会話程度であり、本格的な学習の準備が完了または基礎をマスターした程度と言われています。
中国語にはその習熟度を証明する民間検定である中検があり、一般的な会話教室では一番下の準4級または4級の取得が目標とされているからです。

 

さらにステップアップするには、発音のほかその言葉を理解し応用や実務に耐えうることを学ぶことになります。
いずれも最短でこれらの資格を得るには、専門の教育機関に通うのが最善とされています。


英語の次にマスターするなら中国語!おすすめ勉強法は何か?

中国語,勉強法

近年、中国語を話せるメリットは大変大きくなっています。
世界の公用語は英語といわれていますが、最近の中国の経済発展は目覚しく、ビジネスや文化の面において中国語の必要性が増しているからです。

 

そのため英語をマスターしたら次に中国語をマスターするのが自分のビジネスチャンスや視野を広げるためにはおすすめです。

 

中国語をマスターするための近道

中国語は日本語と同様に漢字が使われているため「習得には時間がかからないのでは?」と思う初級者の人も大勢います。

 

しかし、中国語は日本語に無い漢字がたくさん使われ、独特のピンインという発音方法があるため、かなり難しい言語といってよいでしょう。
そのため勉強法を選ぶときは本場の発音がマスター出来る様な方法がおすすめです。

 

1番良いのは中国人講師が行うスクールに通って、マンツーマンで指導を受ける方法です。
ただ、住んでいる地域や予算によっては難しい場合もあるでしょう。そのような場合は独学での勉強法でも構いません。

 

中国語を独学するなら

独学するなら音声CDが付いた参考書を選ぶことが重要です。
特に日常生活やビジネスシーンで出てくるような会話事例が多いものがおすすめですが、まずは何よりもピンインをマスターすることに精力を注ぎましょう

 

中国語は発音が変われば意味が変わってしまうという独特の言語のため、
現地人が聞いても判別可能になるくらい発音を練習すればその後の学習も大いにはかどります。


初心者でも簡単に始めることができる中国語の勉強法について

中国語,勉強法

国際化が進む昨今では、外国語を習う人が増えています。

 

その中でも英語や中国語に関しては、主要な言語として習得したいと考える人も大勢います。
英語は英会話教室などがたくさんありますし、日本人でも話せる人が多いですが、中国語に関しては、初心者では聞き取りすらできないことが多いです。

 

しかしながら、中国語も勉強法を考えれば、早く習得できることもあります。
それは実際に会話をすることがとても大切です。

 

理想は発音練習から

ただし、中国語での会話ができる相手が近くにいない人の方が多いです。
そのような場合は、レッスンを受けて、それを録音して何度も聞き直すと効果的です。

 

さらには、メモを取ってよくことができるようにしたり、実際に自分でも口に出して発音することで上達します。

 

文字や文章で親しみを持つと良い

中国語は漢字を使用しますので、文字や文章を見るとなんとなく意味が分かることもあります。

 

文字や文章などの意味を考えながら学んでいくと、より近道になります
そして、テキストなどで、中国特有も文字を書いて練習することで、さらなる理解を深めることができます。

 

外国語の習得はとても難しいことですので、可能であれば、若年のうちに習得できるように親などの保護者のサポートがあればより良いです。


独学で中国語をマスター!その効果的な勉強法とはどんなものか

中国語,勉強法

中国語は発音が非常に特殊で、正確に発音しないと中国人にはまったく通じません。

 

日本語のカタカナ読みではダメなのです。
したがって、本当は中国語のネイティブの人に聞いてもらって正しい発音に近づけていくのが良いのですが、なかなかそうもいきません。
では独学で何とかしたい方はどういった勉強法で学べばよいのでしょうか。

 

中国語の独学法

おすすめの勉強法は、CD付のテキストを1冊買い、徹底的に聴きこみかつ暗記してしまうことです。
そして自分でも朗読してみてその声を録音し、CDのお手本と比較してみるのです。

発音

発音の仕方はテキストにも書かれていますが、何度も繰り返して聞き、そして実際に発音の練習をしてみることでしか正しい発音は身に付きません。

 

聴くことに関しては、携帯音楽プレーヤーに入れて電車の中で聴くということもできます。
とにかく浴びるようにたくさん聞いて、中国語の音に慣れ親しみましょう

単語力

もう一つ大切なのは、単語力です。
中国語に限らずどの言語でもそうですが、たくさん単語を知っていることが豊かな表現力につながります。

中国語講座も活用

テレビやラジオの中国語講座もおすすめです。
毎月テキストが発売されていますから、それを見ながら勉強すれば、毎日わずかな時間でも効率よく学習することができるでしょう。


中国語の勉強法の基本を実践するために必要なリスニングの特訓

中国語,勉強法

中国語の発音を習得するためには、基本的な文法を熟知しなければなりません。

 

耳がよい人であっても、知らない単語や用例を聴いただけで理解することは困難です。
聴き取れないのは、耳が悪いのではなく、知らない単語や言い回しであるからです。

 

発音の特訓

中国語の勉強法の基本は、文法を着実に覚えて、発音を身につけていくことです。
日本語とは流儀が違うものですが、動詞と目的語の関係については、英語とよく似ています

 

述語動詞の後に目的語が来るのは、英語と同じです。
英語の知識がある人であれば、中国語の文法は意外と理解しやすいものです。

 

リスニングの特訓

中国語の文法の基本が理解できたならば、リスニングの訓練をしていきます。
中国語の発音は、日本語とは全く違います。カタカナでは表せないような発音も多いため、慣れない人にとっては大変です。

 

母音の多さは英語とも共通するものです。日本語にはない音については、特訓して覚えるしかありません。
何度もリスニングをしていれば、発音をするときのアクセントの位置や、舌の使い方も理解できるようになります

 

また、しっかりと聴き取れるようになれば、自然と正しい発音もできるものです。
色々なリスニング教材を多用して、自分のペースで勉強をすれば、誰でも上達することができます。


大学生が中国語を学習する場合の具体的な勉強法について

中国語,勉強法

世界の公用語は英語ですが、中国の人口は非常に多い事から中国語に対するニーズも高いものがあるでしょう。

 

大学生から第二外国語として中国語を学習する学生も多いはずです。
もしマスターできれば自分の世界が広がるだけでなく、就職活動の際にも有利に働くでしょう

 

これからの国際化の時代において、英語だけでなく中国語もできることは大きな強みになります。
バイリンガルではなく、トリリンガルを目指していきましょう。

 

音読が効果的

具体的な勉強法についてですが、まず一つには音読が効果的です。

 

日本語とは違う発音がたくさん含まれているため最初は難しく感じるかもしれませんが、CDのあとに復唱するスタイルで継続して音読を続けていきましょう。
なれてきたらテキストを見て自分でそれを読むのもおすすめです。

 

このようにして五感を使って覚えた記憶は忘れにくいので、とっさの時にもでてきやすいでしょう。声調をマスターするのにもやはり音読が効果的です。

 

同じテキストを繰り返す

テキストを一通り済ませると新しいテキストに挑戦したがる方も一定数います。

 

しかし、初めての言語の場合、一度覚えたと思ってもすぐに忘れてしまっている事がよくあるので同じテキストを繰り返す方が効果的です。

 

このような勉強法で、大学生からでも中国語をマスターしてみませんか。新しい価値観を知るきっかけにもなるはずです。

 『動詞』中心の特殊な学習法であれば難しいと感じる
 中国語を短期間でマスターすることが可能です!!
 90日間全額返金保証があるので安心して試せます♪

「動詞」中心で初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方はコチラから!


[中国語の正しい勉強方法]の関連情報